自己治癒力セラピー(スクエナー)

b20150611001

●自己治癒力をうながすには?

大多数の方が病気や怪我を治すのに薬や手術に頼っています。しかし、副作用という形で体には大きな負担がかかってきます。寿命を早めることもあります。

そんななか、自己免疫力や自己治癒力を高めていくことは、一番の治療法だと思います。特に自己治癒力を高めるには、脳を刺激して自己治癒に必要な化学物質(ニューロペプチド)を分泌させることが必要となります。

皮膚の特異点(傷や痛みがある場所)にあてて、脳を刺激してエンドルフィン(強い鎮痛作用)を放出させ、ニューロペプチドを分泌させて自己治癒力を促進していくのが、スクエナーの最大の特徴です。

 

●スクエナーとは?

スクエナーとは、神経と相互作用させる治療器で、宇宙技術の一環で旧ソビエト連邦の国家機密として研究されてきました。現在では、ロシアをはじめ世界各国の医療機関で利用され、多くの健康上の問題に優れた効果を発揮しています。

最も優れているのは鎮痛作用です。自己治癒に必要なものを引き出すために周波数やエネルギーのパターンを確立して脳に信号を送ります。

少しあててあげるだけで傷口がふさがった例です

⬇︎

 

b20150512003

 

 

体の内部の環境を一定にしようとする働きすなわち、恒常性(ホメオスタシス)と呼ばれる働きを皮膚を通してCファイバーを通して与える。生体反応(バイオフィードバック)を変化させることで病的な信号を正常に戻していくのです。

 

●スクエナーの効果

b20150611002

  1. 神経情報を適正にして、体の反応を正常にして自己治癒を促す。
  2. 痛みや機能障害の改善。
  3. 適応能力の増加。
  4. 障害をもたらす機能を正常に戻す。
  5. 鎮痛作用
  6. アレルギーの緩和
  7. むくみの緩和
  8. 血管や血液機能の正常化
  9. 代謝の正常化

 

●低周波治療器や電気鍼との違い

低周波治療器や電気鍼に関しては痛みは緩和するが、持続性がない。決定的な違いはバイオフィードバックがおこなわれること。バイオフィードバックとは、神経を刺激してその反射を正常に戻すことで自己治癒力を高めていくことなのです。

b20150611001

普段、脳と交信しない身体の部位を交信させることにより、脳を刺激して自己治癒に必要な化学物質(ニューロペプチド)を分泌させます。電気的活性(皮膚インピーダンス)を検出して測定し、今、必要な波形や周波数のパルスを皮膚を通して与え、体の不均衡を是正していきます。

 

●エステティック

スクエナーエステは、ロシアやヨーロッパの富裕層の間でよく使われる手法です。ただ美顔を作るのではなく、体調を整えて筋肉に活力と神経の流れを再び通わせるのが特徴です。

特に小じわを取り除いたり、小顔を形成していくのに効果的です。

スクエナーセラピーの詳しい内容はこちらから

⬇︎

EGAWOホリスティックヒーリング

 

ぎふとやでのスクエナー講習会の模様

ぎふとやでの講習会の模様は、こちらから視聴できます。

 

経路ストレッチの勉強会の模様は、こちらから視聴できます。

 

スクエナーでの治癒例

⬇︎